| 塩谷信男医学博士の正心調息法| 正心調息法講習会 | 塩谷博士とは? | 正心調息法とは? |
| WEB講座 (やり方詳細解説) | 体験談 | 「正心調息法と大断言」サイト記事転載 | 調息法と私 | LINK集 | さいとまっぷ | 新掲示板 |
正心調息法
WEB講座


前段の説明

■腹式呼吸
■丹田の位置
■鼻呼吸
■姿勢
 ●座り方
 ●上体の構え
 ●鈴の印
■お尻すぼめ
 (肛門を締める)



正心三原則

■全てに前向き
■全てに感謝
■愚痴を言わない


調息法

■呼吸のステップ
■想念
■内観

■実修回数
■想念・内観の件数
■実修回数の数え方

集束放射
百事如意



大断言


正心調息法説明図pdf
(青山講習会資料)
正心調息法WEB講座/前段の説明
姿勢 ●鈴の印 座り方 上体の構え
鈴の印とは 鈴の印説明シート(青山講習会資料)

※イメージ写真

塩谷博士の守護霊・大峯老仙から教えていただいたという、宇宙エネルギーを最も受け取りやすい印です。

なにが「鈴」かというと、まずは鈴のようになるべく丸く組みます。そして鈴には割れたところがありますが、それと同様に印にも鈴口があると思ってください。
鈴の印の組み方の基本

①親指以外の4本の指は揃えます。
  (写真1参照)

写真1

写真2

写真3
②「おむすび」を作るように丸く手を組みます。このとき中に空洞を作ります。(写真2&3参照)
  ※この空洞にも宇宙無限力が溜まるとイメージして、ここはできるだけ「欲張って」大きく組んでみましょう。

③利き手側の親指を上にして交差させ、その利き手側に軽く穴(鈴口)を作ります。
  (写真4参照)

③利き手側の親指を上にして交差させ、その利き手側に軽く穴(鈴口)を作ります。
  (写真4参照)


写真4
④合わせた掌の親指の付け根側は閉じる。
  (写真5&6参照:悪い例です。)
  ※「鈴」は鈴口以外は開いていないことを思い出してください。


写真5:悪い例

写真6:悪い例
⑤組んだ鈴の印の位置は鳩尾の前、身体からこぶし一つくらいの距離になります。 (写真7&8参照)
  ※この時、印を膝の上やテーブルの上には置かないように(写真9&10参照:悪い例)。
    宙に浮かせた形になります。
写真7
写真8
写真9:悪い例
写真10:悪い例
鈴の印の具体的な組み方

以下、塩谷博士の写真を元に、わかりやすく説明します。写真は右利きの場合です。左利きの方の場合は、全て逆で考えてください。時たま、利き腕に関係なく反対の組み方の方がしっくりくる方もおられます。その場合は、しっくり来る方で組んでいただいて構いません。


<正面>
利き手側の親指以外の4本の指はすべて、正面から見て壁のように見えています。
 ※何本か隠してしまう方がいますが、要注意
 (写真11参照)。


写真11:悪い例
印を組んだ両手の甲は地面に対して垂直になります。
 ※印は寝せないようにしてください
 (写真12参照)。

写真12:悪い例

<左側面>

利き手側の親指以外の4本の指先は、 鈴の印の外側に出ます。
 ※この写真のように、指先を鈴の印の中に入れてしまう方が
  いますが、要注意です。


写真13:悪い例

<右側面>

利き手の反対側の手の4本の指で、下から軽く抱え込みます。
 ※左指先は伸ばすのではなく、抱え込むように。


写真14:悪い例

<上からの写真>※写真4、5、6も参照願います。

利き手側の親指を上にして、交差させます。

交差させた親指の利き手側に軽く穴が開きます。

 ※これを鈴口と考えてください。
 ※あまり大きくすることはありません。
  自分で収まりの良い大きさにしてください。


印の親指の付け根側は閉じてください。
 ※鈴口から印に水を注いでもどこからも漏れないイメージです。

その他の留意点

鈴の印を組むのに、力は一切いりません。軽~く組んでください。
塩谷博士はゴムまりを包むような感じと言われています。
あるいは組んだ印を「紙風船」に例えると、鈴口からフッと息を吹き込んで、印がフワッと膨らんだ時のような感覚。外側からの圧力で固く結ぶのではなく、内側からの圧力で軽く膨らんだような感覚が良いでしょう。

また、組んだ印は鈴口以外は開けないようにという面では、印の中に水を満たした状態をイメージしてください。鈴口から水を注いでも、どこからも水が漏れないイメージです。例えば、親指の付け根側が開いていたら、水はこぼれてしまいます。

 ※お風呂などで実際に試してみると、普通は指の隙間等から水はこぼれますが、あまり気にしないでくださいね。
  実際にこぼれないということではなく、あくまでイメージの問題ですから。


いずれにしろ、鈴の印を正しく組むことは重要なことです。しっかり覚えるようにお願いします。

ただし、人によって手の形、大きさ、組み方の癖等の違いがあります。完璧に同じ形を目指す必要はありません。
手がご不自由な方は、できる範囲で近似形にして、あとは心の中にしっかり印を組んでください、というのが博士からの伝言です。
●鈴の印  姿勢  ●座り方  ●上体の構え
All rights reserved. Copyright (C) Seishin-Chosokuho Network