| 塩谷信男医学博士の正心調息法 | 正心調息法講習会 | 塩谷博士とは? | 正心調息法とは? |
| WEB講座 (やり方詳細解説) | 体験談 | 「正心調息法と大断言」サイト記事転載 | 調息法と私 | LINK集 | さいとまっぷ | 掲示板 |
正心調息法
WEB講座


前段の説明

■腹式呼吸
■丹田の位置
■鼻呼吸
■姿勢
 ●座り方
 ●上体の構え
 ●鈴の印
■お尻すぼめ
 (肛門を締める)



正心三原則

■全てに前向き
■全てに感謝
■愚痴を言わない


調息法

■呼吸のステップ
■想念
■内観

■実修回数
■想念・内観の件数
■実修回数の数え方

集束放射
百事如意


大断言


正心調息法説明図pdf
(青山講習会資料)
正心調息法WEB講座/調息法(呼吸法)
呼吸のステップ
呼吸のステップ
正心調息法の呼吸のステップは「4段階+1」の5段階になっています。

①吸息(息を吸う)
②充息(息を止める)
③吐息(息を吐く)
④小息(中継ぎの息をする)

※この①~④を1回(1サイクル)として、25回(25サイクル)繰り返すのが、
 1日の目標となります。

⑤静息(普通の息を10回する)

※博士の2番目の著書「宇宙無限力の活用」までは、25回実修したあとは「静息」に入り、普通の息を10回しなさいと書かれています。当初は深い呼吸をした後の、整理運動的な意味をもっていたと思われます。しかし、「大断言」という言霊を享けられた以降(著書で言うと「地球の破滅を救う」以降)は、静息時には大断言を10回唱えて欲しいと博士は言われています。

それらの各ステップに「想念・内観」を組み込んでいくのがこの呼吸法の特徴になりますが、まずは呼吸法のやり方自体、各ステップの留意点について、個々に説明していきます。
■各ステップでのポイント

吸息のポイント
空気は鼻から丹田に押し付けるようにゆっくりと静かに空気を吸っていきます。
天頂から身体の真芯を通して、丹田に直接押し付けます。
この吸息時には、上体は一切動きません。その点に留意をお願いします。

呼吸法にもいろいろな手法がありますが、調息法では胸を膨らませたり、肩を上げたりはしません。塩谷博士が実修されているところを見ても、外観上はいつ次のステップに移ったのか全くわかりません。他のステップの時も含めて、それほど静かな呼吸になっています。

呼吸法の中には、まずは胸に空気を満たした後に肺底の方にも満たすというような手法もあるようです。
他の場所にも書きましたが、塩谷博士は、胸が動いたり肩が上がったりするのは「深」呼吸ではなく、むしろ「浅」呼吸であると言われます。
また、吸う時にお腹を凹ませ、吐く時に膨らませる、「逆式」と呼ばれる呼吸法もあります。塩谷博士は自らそれも体験された上で「順式」を選ばれています。
正心調息法講習会での最初にチェックポイントは、吸息時に上体が動いているかいないかという点になります。

充息のポイント
まずは息を止めます。
そして、吸息時に吸い込んだ空気を、さらに丹田に押し付けます。
さらに同時に肛門を締めます
充息の時間は数秒~10秒。必要以上に永く息を止める必要はありません。

正心調息法のステップの中で、意識的に力を入れなければならないのは、この充息時の「空気を丹田に押し付けて、肛門を締める」というところだけです。他のステップではできるだけ力を抜いて実修してください。

肛門を締めるやり方には下記の2種類があります。各自やりやすい方法で実修していただければけっこうです。

a. 吸息のときに徐々に締めていって、充息に入ったときには締まっている。
b. 吸息から充息に入るときにギュッと締める。


ちなみに私はbのやり方です。

吐息のポイント
肛門を緩め、吸息のときの倍くらいの時間をかけて、ゆっくりと静かに鼻から息を吐き出します。

「正心調息法と大断言」のHPの「熱海へ」でも触れられていますが、吐くことに伴う鼻息は聞こえないくらいの静かな呼吸になります。
以前、百歳時のTV番組の取材で博士の実修の場面が紹介されたとき、吐く時の鼻息が聞こえると指摘された方もいました。しかしあの場合はTV局の性能の良いマイクで、しかも博士に近い距離での録音ですから、結果的に音を拾ったということでしょう。できるだけ静かに吐いてくださいね。


また「吸息のときの倍くらいの時間をかけて」となっていますが、例えば吸息のときは5まで数えたから、吐息のときは10まで数えるというように、几帳面に考える必要はありません。できるだけゆっくりとということで構いません。やっているうちに少しづつ永くなってくるものです。

小息のポイント
吸息から充息までが深い呼吸になりますので、次の深い呼吸に備えるための間合いの息と考えてください。1回か2回軽く普通の息をしてください。不必要に沢山することはありません。

他の呼吸法にもあるとの話も有りますが、この「小息」は正心調息法の重要なポイントになっています。これがあることで正心調息法は他の手法に比べて、簡単でやりやすい呼吸法になっています。
私自身、この「小息」があるので、自分でもできるのではないかと思った経緯が有ります。博士に「これがあるから楽ですねぇ」と聞いたら、「うん、これがないと難しいんだよ」と言われていました。


小息は「普通の息」で構いません。腹式呼吸でなくとも鼻呼吸でなくとも構いません。自分で最も呼吸しやすい方法で結構です。ただ、流れの中ですので、慣れてくると自然に腹式、鼻呼吸になってくるのではないでしょうか。
Q.
正心調息法を実修するのに適切な時間はありますか?
A.
とくにありません。人が訪ねてきたり、電話がかかってきたり等々、実修の間に邪魔が入らない時間帯ならいつでも構いません。早朝でも昼間でも、夜寝る前でも問題ありません。
Q.
呼吸が途中で苦しくなるのですが・・・
A.
正心調息法は、無理をしない、頑張らないのが原則になります。
したがって、吸息、充息、吐息、小息という各ステップの切換も、「苦しくなる前に」次のステップへ、というのが原則になります。決して「苦しくなったら」ではないことに留意してください。
Q..
吸息から小息までの1サイクルの時間はどれくらいですか?
A.
塩谷博士が時間的なことで言われているのは次の3つの目安です。
 ①25回(サイクル)実修して、大断言を10回念唱すると、おおよそ20分程度。
 ②充息は数秒~10秒
 ③吐息は吸息のときの倍くらいの時間をかけてゆっくり

ただしそれらは「おおまかな目安」というだけです。人によって呼吸の長さは違います。あまり具体的な数字を仮にでも挙げてしまうと、それにこだわる人が出てきてしまうから避けなさい、というのが博士の考えです。
実修に費やす時間も気にしすぎずに、自分のペースで実践することが重要です。継続的に実修していけば、自然と長くなっていきます。
Q.
他の呼吸法では、まず息を吐き切ってから始めると指導されますが、調息法も同じですか?
A.
調息「法」というからにはもちろん一定のパターンが有るわけですが、あまり細かいところで「ああしろ」「こうしろ」という指示はありません。
したがって、調息法では、まずは吐き切ってから始めるという必要はありません。ただしこれも、その方がやりやすい方はそうすればいいことであって、「吐き切ってからやってはいけない」ということではありませんので、ご留意ください。
Q. 吐息の時も、吐き切る必要はないのですか?
A. はい。吐息の時も「吐き切る」という必要はありません。ヨガのようにお腹を凹ませて、というような必要もありません。繰り返しになりますが、無理をしない、頑張らない、というのが原則である事を覚えておいてください。
呼吸のステップ
All rights reserved. Copyright (C) Seishin-Chosokuho Network